不動産担保ローンの自宅売却

不動産担保ローンを設定している不動産に関して、売却を考えている時は、売却をお願いする不動産屋に借入があることを説明しておく必要があります。
不動産が売却できた場合には、売却額から不動産担保ローンを一括清算することが求められます。
完済できない時は、金融機関は抵当権を抹消しません。
一括返済に関しては、ローン残高に途中解約を行う解約違約金がプラスされた金額がチャージされます。
自分で計算ができないなら、金融機関に連絡をして、総額でいくらになるのか確認する必要があるでしょう。
途中解約になるため、解約日を言って計算してもらう都合上、売却予定日を決める必要があります。
売却をするのは良いのですが、売却額が債務整理に十分な金額になるかどうかは、現実的に考える必要があります。
差額は一括で返済するわけですから、差額分を準備できるかどうかも重要なチェック項目になります。
全ての債務を返済して、さらに引越や次ぎの住まいに必要な金額が必要になります。
売り出し価格は返済価格を見越した価格に設定できますが、実際の市場価格と乖離があれば、その価格で売却がままならないこともありえます。
こうした事情があってもなくても、不動産の売却では、市場に出しても売却ができなければ、価格を下げながら売っていく必要があります。
基本的に、返済がほぼ終了しているような場合で、売却した金額の中から残りを一括返済するというのが理想です。
しかし売却額が残債に満たない場合は、別の手立てで一括返済を行わなければ、売却自体が成り立ちません。
売却には諸費用がかかりますから、全て合算してマイナスにならないようなタイミングで売却を行うのが、スマートな方法です。
不動産売却の契約には司法書士などの専門家に入ってもらい、抵当権抹消などの手続きをとります。
そのため手数料を見積もっておく必要があります。
決済が済めば金融機関に抵当権の抹消の手続きをとってもらいます。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。