不動産担保ローンの追加担保とリスク

不動産担保ローンで融資を受け、順調に返済をしていたのに、担保となっている不動産の価値が下落してしまうこともあります。
担保割れしてしまったという状態になると、追加担保が必要になるケースもあり、金融機関から他の不動産を担保として差し入れするように求められることもあります。
土地を購入して、後から上物を建てることを前提にしている場合、先に土地に抵当権を設定して融資を受ることがあります。
建物が完成し登記したら、そこで建物に追加担保を設定するということもあります。
追加で融資をお願いしたり、返済条件を変更してもらったりといった場合にも、追加担保を要求されることがあります。
こうしたケースでは、新しく連帯保証人が必要になることもあります。
一般的には、不動産ローンや不動産担保ローンで自宅以外の不動産を担保に差し入れるということになり、自宅だけでなく実家も担保にするようなケースが考えられるでしょう。
自宅を担保に融資を受けていたつもりが、結果的には実家も担保になってしまった。
最初はこんなつもりじゃなかったのにと後悔しているというケースもあるかもしれません。
追加の担保を差し入れると、その時は返済額なども見直され楽になるのですが、返済が滞ってしまうと、両方の不動産を一度に失う可能性も出てきます。
不動産担保ローンでは、返済額や返済期間、融資額とのバランスなどは、慎重に考えたいところです。
不動産担保ローンで、融資額がふくらみ、ローン額が膨大になって返済が難しくなってしまうと、複数の担保や連帯保証人を立てるような状態になり、返済が難しくなってしまった時に、対応の選択肢が狭くなってしまう状態にもなりえます。
注意が必要なところでしょう。
債権法は改正の方向で進んでいますから、法改正が決定することになれば、今後は経営関係者以外の連帯保証人を除いて、連帯保証人制度が撤廃されるかもしれないという流れになってきています。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。