銀行に不動産担保ローンを申込む

不動産担保ローンは融資額も大きくなるため、ある程度信頼できる金融機関に申込をしたいと考える人も多いもの。
悪徳業者に不利な契約内容で融資を受けてしまうと、後々大変なことになってしまいます。
不当な高金利で貸し付けをする金融会社は、利息制限法の基準を越えているため、民事的に無効扱いになり、過払い請求の対象になります。
こうしたリスクを回避するためにも、銀行に不動産担保ローンを申し込みたいと考える人もいます。
そのため、取引のある銀行に不動産担保ローンの相談に行ってから、他の金融業者をあたるという順番で、融資を検討するケースもあるでしょう。
銀行で不動産担保ローンを申し込んだ場合、ノンバンクに比較すると審査が厳しくなります。
返済能力を審査しますから、事業計画を提出したり、それなりの時間がかかったりといったことが考えられます。
時間に余裕があり、銀行から不動産担保ローンを借りたいという場合には、窓口に出かけて相談するところからスタート。
時間がかかりますが、確実に求められる書類をこなしながら、少しずつ融資を引き出しましょう。
今後、金融円滑化法が終わり、同時に金融緩和が進んでいく中、融資が受けやすくなるのではないかといった思惑を、多くの中小企業の経営者が持っていると思います。
中小企業の再生支援には、政府が法律で金融機関に定期的に開示するよう義務付ける予定という報道もされています。
もちろん、先に担保ありきの不動産担保ローンですから、担保物件がきっちりしていれば、融資を期待できるわけですが、金融機関側が金融緩和で融資ができるようにしていくというのが、アベノミクスの金融緩和対策の一つでもあります。
不動産担保ローンは、住宅ローン自体が半分も支払が終わっているようなケースでは、金利面を考えてもお得になるケースがあり、住宅ローンを組んでいる銀行ならば、その点なども考慮してもらえるためお得になることもあります。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。