借り増しになっている不動産担保ローンの過払い金返還請求について

無担保で消費者金融やノンバンクからローンを組み、借入をする人の多くは、最初から不動産担保ローンとして融資を受けているわけではないという人も多くいます。
最初の借入は10万円とか20万円程度、それが徐々に100万円、200万円と増えていったというのが、多重債務者の人の現状でしょう。
10万円程度の借入なら、無担保でも定職があれば、借りることは容易です。実際返済もそれほど難しくないので、軽い気持ちで融資してもらうかもしれません。
仕事の内容や職歴、返済能力によって、100万円以上の融資には、担保を設定するように言われてしまうということが出てきます。
まとまった融資をしてもらいたいとなると、不動産などを担保にしてほしいといわれたり、保証人をたててほしいという風に言われてしまいます。
つまり、不動産担保ローンは、最初からそうしようと思っていなかったけれど、融資してほしいために、担保を差し出したというケースも多いのです。結果として、そうなってしまったということです。
たとえば、最初は30万円の借入をしたものの、もう少し融資額を上げてもらいたいから、自宅を担保に設定して、融資してもらうことができる限度額を、300万円まで上げてもらったとします。
この際、ぎりぎりまで融資をしてもらったとしても、最初の30万円を300万円からマイナスされるので、270万円にしかなりません。
とはいえ、実際には、30万円と270万円を借入しているのですから、300万円の借入を行ったということになっています。
この300万円の借入に関して、過払い金が発生しているなら、無担保ローンの30万円と、不動産担保ローンの分270万円を一連にして計算して、返還を求めることができます。
これを不当と考える貸金業者もいて、裁判で争われるケースもあります。複雑な案件ですから、弁護士さんの力を借りる必要がありそうです。同一の借主と業者の間で、多数回の貸付で、切り替え、仮ましを反復継続している場合、一連としてみなされるので、過払い金も当然一連として計算されるべきという解釈です。
業者はその計算では過払い金が多額になってしまうので、30万円分と、270万円分と分けて考えたいという主張をしてくるのです。裁判では、借入をした側に有利な判決が出ることも多いといいます。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。