不動産担保ローンで気を付けたい点

不動産担保ローンで一番のリスクは、返済が滞った場合に担保にしている不動産を失うという一点につきます。
マイホームを担保にしていればマイホームを失いますし、実家を担保にしていれば実家がなくなります。
人によっては何代も続いた家業のベースとなる工場や事務所をなくしてしまうことにもなりかねません。
住宅ローンが残っているマイホームで不動産担保ローンを組んでいる場合、支払が滞ると、個人再生の利用は可能ではあるものの、不動産を失うことには変わりはありません。
個人再生法は、基本的に不動産を手放さすことなく債務整理を行う目的のものですが、そのメリットが生かせない結果になってしまいます。
個人再生法は、融資住宅や敷地に住宅ローン以外の抵当権や担保権がついている場合には適用されません。
このため、不動産担保ローンにおける返済計画は、現実的なものである必要があります。
ローンを組んだということは、きちんと返済を不動産担保ローンの利用に際しては、手数料や不動産の鑑定費用、印紙の代金や登記の費用など、ローンを利用するためにかかる費用を別途準備する必要もあります。
こうした費用は場合によっては、数十万円にも及ぶケースもあるため、注意が必要です。
不動産担保ローンは不動産の価値によって融資額が決まります。
そのため、信用面の返済能力といった面からの審査を厳しく問わずに、多額の融資が行われるといった指摘もあります。
不動産担保ローンに限らず、ローンである以上計画的に利用するのはとても大切です。
すでに複数の借入があり「おまとめ」ローンを薦められることもあります。
不動産担保ローンは金利が低く設定されていることから、お得感があるケースもあるでしょう。
「おまとめ」ローンで重要なことは、金利を確認するという点です。
ローンの金利が高い場合は、低くすることでお得感がありますが、逆のケースになってしまっては意味がなくなってしまいます。
注意が必要です。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。