不動産担保ローンを金利面から考える

不動産担保ローンを考えたら、一番気になるのは金利でしょう。一口に不動産担保ローンといっても、金融機関によって金利年率や金利体系にはかなりの差が出てきます。
変動金利型の不動産担保ローンは、短期のプライムレートに連動して金利が変動します。将来にわたって金利が低くなっていくことが予想される時にメリットがあります。
見直しは毎年4月と10月に行なわれます。金利が変わると7月と翌年の1月の返済分に適応されるという決まりです。
直近の返済額に変化はなく、もしも変化があったとしても、25パーセント以上の急激な返済額の上昇が起こらないようになっています。つまり値上がりして返済額を据え置くので、借金の完済までの期間が先送りになってしまうという方法になります。
返済額や支払う利息がはっきりとはわからないので、返済計画が立てにくいという面はあります。
固定金利型の場合は、一定期間に関しては固定の金利で支払、その期間が過ぎると変動金利になるというものです。10年間は固定金利で支払、その後は変動に替えたり、場合によっては新たに固定金利で設定して継続して支払うという商品もあります。変動型と固定型の良いところをミックスして使えるというのが利点でしょう。
一方変動金利型に比較して利息が高めになる傾向があります。
全期間固定金利の場合は、金利が割高になっています。フラットに全期間に関して同じ金利で支払をするので、資金計画がわかりやすいという人もいます。今後は経済状況によって、金利上昇が起こるのではという見方が強まっているので、注目されていくでしょう。
不動産担保ローンは、実質年利をチェックして、変動金利の商品でローンを組みがちです。今後の金利の変化の前に、きっちろとローンを払い終わる予定の人は、それが一番金利が低い方法でしょう。
現実的には、ローンの返済計画自体は、全期間固定型で試算して、実際には、低金利の変動型で借入をする。そして金利が大きく上昇したとしても、返済に問題が出ない様に余裕を持つことが大切です。余裕資金は余裕があれば繰り上げ返済へ。もしくは生活のための余裕資金に回します。そうすることで、体調の変化や職場環境の変化などでストレスを感じない生活を送ることができるのです。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。