不動産担保ローンの申込みと必要書類

不動産担保ローンの申込みには、インターネットでも仮審査が受けられます。入力した内容をもとに保証会社が仮審査を行うシステムは、キャッシュカードなどの申込みと同様です。
もちろん店舗へ出向いて相談することも可能ですが、ローンの借り入れができるかどうかの仮審査は、サイトから行ってしまう方が、手軽に審査結果が出て便利でしょう。
仮審査の結果は、メールなどで届きます。これにはケースによって、即日で出ることもあれば、数日かかるような場合もあります。
仮審査に通れば、正式審査の申込み書類が郵送されてきます。申込み書に記入、捺印して必要書類と一緒に送付することになります。
申込者の必要書類は、収入証明、所得証明、確定申告書、源泉徴収票、給料明細書などの所得が証明できる書類と、本人確認のためのの運転免許証、パスポート、健康保険証などの書類です。
また、担保として設定する不動産の書類も必要になってきます。物件案内図や住宅地図、登記事項証明書や不動産登記簿謄本、公図、地積測量図、建物図面などが必要になってきます。法務局で集めるものもあるので、事前に整理しておきましょう。
不動産担保ローンはどうなのでしょうか?
不動産担保ローンの契約には、権利証、登記識別情報通知書、実印、印鑑登録証明書、住民票なども必要になってきます。
もちろん、金融機関によって、必要とされる書類の内容には違いがあるので、事前に確認しながら書類を集めておくといいでしょう。担保物件によっても書類は違ってきます。必要な書類は迅速に提出できるよう、日頃から準備をしておきたいところです。
法人名義で借入を行う場合は、決算書、会社の登記事項証明書などが必要になります。
場合によって提出を求められることがあるのは、借入金返済予定表や借入金残高証明書、償還予定表のような書類。前年度の固定資産税納付証明書や建物の建築確認通知書のような書類です。金融機関と話し合いをしながら、求められる書類は柔軟に対応ができるようにしておきたいところです。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。