不動産担保ローンとその特徴とは

不動産担保ローンとは、自分が保有している不動産を担保にして、 資金を借りることができるローン商品の総称です。担保がはっきりとあるローンなので、貸付をする金融機関にとっては、貸し倒れのリスクは少なくなります。そのため、一般的に金利が低く抑えられるメリットがあります。
キャッシュカードやクレジットカードのローンは、無担保ローンとなって借りる人の信用に合わせた金額が貸し付けられますが、不動産担保ローンでは、担保となる不動産の価値に合わせた金額が貸し付けられることになります。
不動産担保ローンは、どこの金融機関でも扱っているわけではなく、 銀行や信販系金融機関、一部のノンバンクなどに限られています。
実質の金利が低く抑えられているので、無担保ローンに比較して、返済する金額の総額が低めに抑えられるのが最大の魅力でしょう。 また、まとまった額の借金をする必要がある時も、担保価値によっては、大きく借りることができます。
すでに他社に他のローンがある場合、まとめローンのシステムを利用して、金利全体を引き下げることも可能になります。あちこちの金融機関にローンがあり、管理が難しい場合は、一度不動産担保ローンで借り換えして、現在返済している金利を抑え、一か所に支払を統一して整理するという考え方もできます。
デメリットとして考慮しておきたいのは、有担保ローンですから、返済ができない場合は、担保に指定した不動産を失います。不動産 に抵当権や根抵当権を登記するので、返済しなければ、金融会社が 不動産を売却して、代金からローン分を回収するという方法を取ります。
不動産の売却価格がローンの金額に満たなかった場合は、担保割れとなって、不動産を売却しても支払きれなかった分は、他の方法で返済するようになってしまいます。
返済がままならなくなった場合には、個人再生という制度があり、 一般的には自宅を手放さなくても借金を整理することが可能になっていますが、個人再生が利用できるのは、住宅ローンを抱えている人が対象です。住宅ローン以外に不動産を担保にしたローンがあると、個人再生は利用できるものの、住宅を守ることができません。 個人再生のメリットが薄くなることを理解してから、不動産担保ローンを組む必要があります。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。