悪質な貸金業者の不動産担保ローンに騙されないために

不動産担保ローンにかかわらず、貸金業者を選択する際には、国や都道府県などの発行する、貸金業登録番号の有無などを必ず確認しておきましょう。
貸金業登録番号があったとしても、無登録の状態で詐称しているなどの悪質なケースも報告されています。
また、登録があったとしても、違法に高額な金利を課す業者があれば、それはやはり悪徳業者ということになります。
出資法の制限を越えた金利を課す貸金業者、ひどい取り立て方法などが、ヤミ金といわれる悪徳業者の特徴です。
インターネットを駆使すれば、こうした悪質業者を検索できるページもあり、何かおかしいと思ったら、すぐに確認ができるようになっています。
不動産担保ローンの場合、融資に関してあまりにも容易にローンが組めるかのような印象を与えたり、希望の融資額を100パーセント保証するというような表現がある時は注意が必要でしょう。
また、金利に関しての表記がわかりにくい業者も要注意です。実質年利に関して表記があるのに、上限金利の記載がないなども要注意です。
ヤミ金といわれる悪徳業者では、1日あたりにいくらというような利息の表記を行うこともあります。
多重債務者をターゲットにした悪徳業者が、不動産担保ローンの名目で、たくみなセールストークで個人情報を集めているケースもあるといいます。
問い合わせをしたものの、実際にローンに申し込まなかったのに、なぜか同様の会社から電話がかかってくるようになったという人もいます。
グレーゾーン金利が廃止され、会社員は年収の3分の1以上のローンが組めなくなっています。
中小企業金融円滑化法も延長期間が終わり、今後は貸金業界にも変革のタイミングがきています。
一方、不動産ブームが再来し、市場の方も活気づいてきました。こうした地合で悪徳業者に騙されないよう、不動産担保ローンを考えたら、きちんとした金融業者と取引を行うように、気をつけていきたいところでしょう。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。