不動産担保ローンが効果を最大に発揮する状況

不動産担保ローンが使いやすい状況というのは、多岐にわたっています。しかしもっとも不動産担保ローンがそのメリットを発揮する状況というのがあります。
不動産担保ローンでは、担保価値の高い不動産を所有していれば、資金の流動性をあげることができます。そのままにしないで、利用してみようというアングルで計画を立てましょう。
一つは自宅として住んでいるわけではない、親の相続などで保有している不動産を担保にして、ノンバンクやキャッシュカードなどで増えている利息が高い無担保ローンを返済するという方法です。特に不動産担保ローンと、ノンバンクなどのローンの利息に差額があり、お得感がある場合には有効でしょう。ノンバンクのローンは金利が高く設定されています。収入が安定しない反面、保有の不動産の価値は安定しているという人は、債務を整理することができる可能性が高いです。
同様に、相続などで受け継いだ不動産で、自分たちの自宅ではないところを不動産担保ローンに利用して、子どもの教育資金を借り入れたり、別の不動産投資のために資金を回すという方法です。
競売不動産の購入など、即座に入金が必要な時にも便利でしょう。
もう一つは、相続税などの納税資金です。親から相続した不動産の相続税の支払いなどのケースです。
親子で不動産を売買するケースでは、親の世代が残した不動産ローンが残った家を、子どもに買い取らせるということもあります。買い取った子どもは、不動産担保ローンを利用して、債務を完済するという方法をとります。
不動産は、そこに多額の財産が貯蔵された状態になっています。利用方法を考えて、少しでも資金を流通させるように工夫しておかなければ、流動性が停滞してしまいますよね。
自宅不動産は流動性はそれほど考える必要がなく、家族が安心して生活ができればよいのですが、それ以外の不動産に関しては、工夫と考え方で、必要な資金調達ができたり、次ぎの投資のためのフローに力を貸してくれたりすることを理解しましょう。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。