不動産担保ローンとホームローンの使い分け

なんらかの理由があって、住宅ローンの申込みがままならないケースで、不動産担保ローンを使って住宅を購入したとします。
しかし、利息の面などを考えて、数年後には住宅ローンに借り換えをしたいという希望があったとします。
こうした短期間に利用される不動産担保ローンは、つなぎ融資として使われることが多いようです。
金融機関によって、このつなぎ融資として不動産担保ローンを認めないところもあるので、確認が必要になります。
つなぎ融資は一般的に、自宅を売却している最中などで、まとまった金額の入金があることが見込める状態ではあるものの、それに少し時間がかかることがわかっているので、その間だけ融資をしてもらうというコンセプトです。将来に起こるべき見込みである部分に、リスクも見越しておく必要もあります。
すでに銀行にホームローンの申込みをしておいたものの、その実行 までの目先の資金を融資してもらうなどの状況で、使用される事が多 いようです。
このつなぎ融資のリスクは、なんらかの原因であてにしていた入金が見込めなくなったり、ホームローンへの借り換えが認められないというような状況になった場合のことです。プランBが必要になることも、最初に考慮しておくのが大切です。
計画通りにものごとが進行しなかった場合、不動産担保ローンのローンシェームの中で、支払を続行していくことになります。
その際当初の計画よりも利率が高くなることなどを理解しておく必要があります。従来どおりの返済計画では立ち行かなくなく可能性が出てきます。
各金融機関に相談をしながら、計画を慎重に進めていく必要があるでしょう。
本来、ローンは臨機応変に、その状況状況で利用するローンを替えたりしながら資金を回していけるのが理想のかたちです。
一方では、常に現実的に、支払計画を立てて、余裕資金をもちながらローンを返済していく必要があります。
一旦不動産担保ローンを申込んだら、計画通りに資金が入ってこなかったら、このまま返済が可能かどうかということは、常に頭においておきたいところでしょう。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。