不動産担保ローンのコストを学ぶことで、手元に残る融資額を知る

不動産担保ローンは売買相場の7割程度の担保評価になるケースが
多いといいます。もちろん、金融機関によって評価基準は違います。
希望の融資額に届かないなど、審査内容に不満があったとしても、一般的には審査に通らなかった理由なども含めて、公開されることはありません。
担保となる不動産に関しては、ローンを出す側の金融機関だけでなく、保証会社の審査もあります。一般の住宅ローンと同様ですから、有担保でも審査はしっかりあるということになります。
基本的には、返済者の返済能力を見て、担保に入る不動産の価値を現実的にとらえて、それを金融機関と保証会社で審査するということになります。
注意しておきたいのは、不動産担保ローンがおりたら、税金分は借入をした側が負担することになるということです。税金だけでなく、様々なコストの負担があるのですが、このはローンを組む前に気づきにくいため、実際にローンの借り入れをしてみたら、手元に入る融資額が期待したほどでもなかったということもあります。
諸費用を抜いた融資額を冷静に考える必要があります。繰り上げ弁済手数料がかかるかどうか、登記費用や事務手数料、印紙代や調査料、火災保険の掛け金、場合によっては弁護士の費用なども、コストの中に含まれてきます。
これらの料金は、最初から不動産担保ローンに加算されて計算されてしまうときもあります。別途支払いをするケースもあります。
トータルでどれだけのコストがかかって、その上で利息がどの程度に設定されているのかの分析も必要ですし、これらのコストをどういう風に支払するのかも、考慮していかないといけません。たとえば火災保険などを一括で支払うか、月払いにするかなどでも、最初に支払う金額に大きな差額が出てくるケースもあります。
一見利息が低めに設定されているように思える不動産担保ローンは、こうしたコスト面を差し引きしてはじめて実体が見えてくることも、注意しておきたいところです。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。