不動産担保ローンでまとまった資金を借りる

不動産担保ローンの特徴は、資金使途が自由なことと、担保となる不動産の価値次第では大きな資金の借り入れが可能になる点があげられます。
飲食店の開業、子どもの学費、不動産の投資、借地権の買取、事業の資金調達、入院費など、さまざまな場面で、まとまったお金が必要になることもあります。
無担保ローンでまかないきれないような金額は、不動産担保ローンを考慮してみるのも一つの方法です。
クレジットカードなどでお金を借りる場合には、担保は必要なく個人の信用に対して貸付が行われるわけですが、担保を立てて資金調達をするのが、不動産担保ローンということになります。
担保の価値によって、個人の信用を超える額の融資も可能になり、まとまった資金が必要な時に便利なローンです。
担保を売却することで債権回収ができる点から、金融機関は貸し倒れのリスクが低くなり、そのため金利は低く設定されています。
また、「おまとめ」返済と呼ばれる借入をまとめて返済管理する制度があり、複数の借入がある人場合にも好評です。
不動産担保ローンは、数百万円といったまとまった金額の資金調達ができるため、ビジネスの資金繰りなどに悩むオーナーには便利なローンである反面、返済が滞ると担保にたてた不動産を失う可能性があります。
不動産の価値が下がってしまうと担保割れ状態になる可能性もあり、残金の返済を強いられるケースも出てきます。
一般的に不動産担保ローンで融資が可能な金額は、不動産の評価額の70パーセントから80パーセントと言われています。
不動産の価値はロケーションによって大きく査定額にも違いが出てきます。
担保にする土地の価値を調べ、必要な融資が受けられるかどうかの確認は必要になります。
また、ローンを返済するための現実的で確かな返済計画をたてることも、不動産担保ローンでは重要な資金管理につながります。

 
フリーダイヤル0120-68-5678 平日9:00-19:00 土10:00-13:00(日・祝日除く)
メールのお問合せ、無料メール査定のお申し込みはは24時間受付。
ご返信は2営業日までにさせていただきます。